2007年12月16日

クリスマスパーティー

今年の職場のパーティはバージニア州のホテル内のレストランで。
夏に亡くなったスティーブの奥様とお嬢さんも招待していたので、一緒のテーブルに座り、話ができて嬉しかった。
リンダとご主人のケンも一緒に座って、楽しくおしゃべりできました。

みんな1人ゲストを連れて来てよいので、配偶者、ボーイフレンド・ガールフレンドと一緒に来る人が多いけど、姉・妹、いとこ、を連れ立ってという人たちも何人かいた。

お料理のチョイスはサーモン、ビーフステーキ、チキンコルドンブルー風、ベジタリアンパスタ。私はチキン。
今までのオフィスのパーティーで1,2を争うぐらい美味しいお料理だった。ただ、メインを完食してしまったので、デザートのチョコレートモルテンケーキを残してしまったけど。

さて、お食事の後はギフト争奪戦。
今年も、職員の参加者はオフィスから100ドルを渡され、自分の好きなギフトを買ってくるように言われた。ラッピングまでして持ってくるのが原則。
職員がパーティーに連れてくるゲストのギフトはパーティーの企画をしてくれるスタッフの女性二人が選んでラッピングする。
去年はギフト券が多すぎたので、今年は私も「物」を買った。アマゾンでオーダー。

まず、最初の人の名前がよばれて、その人はギフトの番号を引く。その番号のギフトをみんなの前で開いてとりあえず席に着く。次の人の名前を引いて、よばれた次の人はすでに出ているギフトを奪っても良いし、新しいギフトの中からもらうことにしてもよい。

私は50人中、5番目ぐらいによばれてしまったので、結構早かったため、奪いたいギフトはなく、番号を引いて当たったのがこれ
Cusinartのスロークッカー(6.5QT、ほぼ6.5Lということね。)

スロークッカーは興味があったので、嬉しかったのだけれど、これって普通のアメリカの家庭ではみんな持っていて、あらためて盗みたいと思うようなものではなかったので、結局最後まで盗まれず。それで、私のゲーム参加の面白みは半減してしまったのがちょっと残念。

結局、私が家に持って帰ってきたのはこのスロークッカーでしたが、子供達は私が自分で買ったギフトを持って帰ってくると期待していたので、次の日がっかりしていた。。





さて、私が100ドルで買ったギフトははこれです。HoMedics SBM300。
massagecusion.jpg
先月、ドラッグストアのCVSに若の処方箋の薬を取りに行ったら、こういうマッサージ器のデモンストレーションをやっていて、子供達も私も試してみたら、なかなかよろしい。
ネットで検索して、アマゾンでチェックしたら90ドル以下で評判がよさそうなのがあったのでオーダーしてしまった。
2週間後にまたチェックしたら、150ドル以上になっていた。思い立った時に買っておかないと売り切れになったり、値が上がったりよくあります。

私はパーティーに現金100ドルを持っていって、こんなのが欲しくない人に当たってしまったら、買い取ろうという意気込みでした。
最初にこのギフトの番号を引いた人は何気にギフトレシート(返品するためのレシート)を探していたようで「これなら買い取れるかも」と思っていたら、少し後のリサがその人から奪ったので、結局このマッサージ機はリサが喜んで持っていきました。
パーティーが終わってから「ねえ、本当にこれでいいの?なんなら買い取るわよ。」とまで言ったけれど、「いや、私はこれがいいの。」と言ってくれたので引き下がりました。

<人気があって3回フルに盗まれたもの>
コーヒーメーカー(Keurigの1人分作れるやつ)
iPod シャッフル 仲良しのリンダが誰かから奪っていました。2台出回っていたけれど、2つともポピュラーでした。
MP3プレーヤー
Macy's ギフト券(デパート)
Nordstrom ギフト券(デパート)
Target (イトーヨーカードーっぽいお店)
JC Penny (ターゲットと同じような感じ?でも洋服が主ですよね?)
Best Buy (量販店)
VISA
アメックス

<2回盗まれた物>
デジタルカメラ
お酒のセット(高級ウイスキーかなにかだと思う)
Sonyのステレオセット
女性用カシミアマフラーと香水
映画8回分の券

<1回盗まれた物>
SaxFifth Avenue ギフト券(高級デパート)
アイスクリームメーカー、レシピ本とボウル付き
Red Door Spaギフト券 2枚あったので、1枚は盗まれず
マッサージ機
Burlington Coat Factory ギフト券(ディスカウントストア)
iPod用ステーション
ソニーサウンドシステム
ワインクーラー

<盗まれなかった物>
iPod ビデオプレーヤー
BOSEのヘッドフォン 100ドルもするヘッドフォン、欲しい人には貴重なのだろうけれど。。。
NORELCOの電動かみそり  これも性能のよいものだと思うけれど、今この機種をどうしても欲しいと思っている人がどれだけいるのかな。
フォークナイフセット 出たとたんに皆が「こりゃあ返品だ」と思ってしまうタイプの悲しいギフト
Phillipsの電動歯ブラシ たまたま当たった人は愛用者のようで、職場用に重宝する、と言っていた
スロークッカー (Mine!)
スターバックス詰め合わせ(ギフト券と合わせて100ドル分)
男性用の旅行セット
Morton's (Steak House)

今回面白かったのは、誰かのいとこがものすごいショッピング好きらしく、デパートのギフト券を何回奪っても必ず奪われて大騒ぎになったこと。Macy's Nordstrom JC Penny VISA  アメックスなど、手にすれば必ず奪われ、を繰り返して。最後は結局Sax Fifth Avenueのギフト券に落ち着いていたよう。

今回初めて気づいたのですが、自分の番になって、一番欲しいと思うギフトがないときは、出ているギフトのなかで、絶対に奪われる物をとりあえず奪っておけばよいのだ、ということ。
たとえば、私のボスのエイミーは、自分の買ったデジカメが欲しかったようなのだけれど、まだ出回っていなかったので、高級なお酒をとりあえず奪っていた。自分の後に番が回ってくる人のうちで、それを絶対に奪うだろうと分っている人が2人もいたので、そうしたらしい。結局お酒は思い通り奪われ、デジカメを手にしていた。

オフィスから100ドルをもらって参加所員はギフトを代行で買っていくわけですが、やはり「自分が絶対に奪う物」を買うのがミソですね。「自分じゃあ使わないけれど、誰かが気に入ってくれるかも」的なギフトはダメ。
今年もギフト券はあったけれど、ギフト券を用意した人は「自分が奪いたい」と思っていたらしく、激しい争奪戦になっていたのが面白かった。
オフィスで用意していたギフトには今回はLenoxやTiffanyはなし。企画のスタッフが2人とも20代だから、やっぱり50代半ばののおばさんが担当していた時とは、全くギフトの嗜好も違うなあ、と思いました。

来年はレゴセット100ドル分でもいいかな。

夫が来られなかったのは残念だけれど、でも、恵まれていますよね、こんなにしてもらって。
なので、この時期は恵まれない人へ何かをするチャンスも結構あるので、少しだけど貢献したいな、と思います。


posted by ちょこ at 00:00| Comment(8) | 仕事・コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが、ちょこさんの選択!!
日本でもバイヤーとして十分やっていけるのでは
と素人が思うほどいいものだと思います。
ずっと前なんですが、タクシーの席につけられる
簡易なマッサージチェアがあって、
そのおかげでそのタクシー会社は大人気というのを
見たことがあります。一回でも実演が出来ると、
そのチェアはフルに盗まれたような気がします。
Posted by 緑ずきん at 2007年12月17日 16:58
ほしい〜。わたしもそのマッサージチェアみたいなの欲しいわ〜〜〜!!
Posted by Shin's mama at 2007年12月17日 17:12
私も先週末、夫の会社の人たちとのパーティーで
同じゲームをしていました。
(米国ではポピュラーなのでしょうか?)

ただし、金額も25ドルまでだし、面白グッズ方面だったので、盗まれるものは「大型ダンプカーセット」(孫用に・・・と)などが主でした。
100ドルも出すとずいぶん品が変わるものですね!

先日はパスワードを有難うございました。
粉、キングアーサーなのですね!
ここでも一番売れているようです。
前回はSAFとキングアーサーで作りました。

Posted by ぶー at 2007年12月17日 20:51
★緑ずきんさん、
私は結構肩こりに悩まされるんですよね。だから、こういうのあったら嬉しいな、と。
自分で持って帰るつもりでいましたから、他の人が欲しがるかなんて視野に入っていなかったので、やっぱりバイヤーは無理でしょう。

★Shin's mamaさん
これ、ローラーが上下に動くのだけれど、幅も変えられるし、一箇所にとめて集中指圧もできるしなかなかよさそうよ。。。
私も、どうやって買う機会をみつけようか、考慮中です。

★ぶーさん
強力粉は"White Lily"もとってもいい感じでした。普通のスーパーで売っている地域もあるのですが、うちの方だとないので残念です。
最近、パスワードをメールで送ってもお礼を言って下さる方は実は少ないんですよ。メール届いていないのかな、と心配になるので「届きました」っていうメールがあるといいのにな、と思ったりしてました。でも今時の人の感覚は違うのかもしれないですね。
ぶーさんはメールとコメントでダブルでお礼を言って下さって「律儀だなあ」と感心しています。

Posted by ちょこ at 2007年12月18日 03:44
私も今日、夫の職場の配偶者(主に奥さん)だけの月1回の集まりに行って、こういうプレゼント交換してきました。奪ったり奪われたり、おもしろですね〜!私達の場合、10ドル以下だったけど…。

私もマッサージ機、欲しい!泳がなくなってから肩こりがひどいです。腰痛もあるし…。
Posted by yow at 2007年12月18日 17:01
★yowさん、
プレゼントを奪うゲームはアメリカではポピュラーですよね。同じプレゼント交換でも、断然面白い。
値段が100ドルにもなると、奪い合いも真剣です。

わたしは、お抱えのマッサージ師が欲しいなあ。
このマッサージ機はアメリカ人にはピンとこない人多いと思いますが、指圧が好きな人には結構たまらないかも。
Posted by ちょこ at 2007年12月19日 02:17
このマッサージ機、今年のクリスマス商戦では人気に品なんじゃないかと思いますよー。結構いいですよね。お店でディスプレーされていると必ず座って試してみる私です。スロークッカー、いいじゃないですか!私はスロークッカーでちょこさんレシピのシーフードガンボ、作ってます。これも使いこなせるといろいろできるみたいですよね。それにしても、ナイフ&フォークのセットは私も嫌です。w
Posted by tk at 2007年12月19日 05:10
tkちゃん
私は小学校の頃からこりしょうだったのだけど、このごろ、殿まで肩がこると言っているんだよ。子供達は本当にこのマッサージ機が欲しかったみたい。
シートの部分が暖かくなるのもあるよね。あれってどうなんだろう。
スロークッカーね、豚の角煮はうまくできたのだけれど(ポットラックに6ポンドの肉を持って行きました)、その煮汁が残ったので、それを利用しておでん風の煮込みを作ったのは、ぴんとこなかった。ルクルーゼで作るおでんの方が美味しいな、と思ってしまった。煮込みすぎて、うまみが全部お汁に出てしまった感じ。それにしても6.5QTというのは普段使いには大きすぎるのよね。
フォークとナイフのセット、意味わかんないよね。Re-giftingじゃないの、なんて思っちゃう。返品と同様、この国の人はもらったギフトを再利用するの得意だから。
Posted by ちょこ at 2007年12月20日 01:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。