2010年12月16日

やっぱり雪は降るのだった

_DSC0623.jpg

12月に入ってから2回目の雪です。そんなに降り積もったわけではないですが、わき道などの状態はよくないので、運転には要注意。上の写真は朝9時ごろ、オフィスから。私の職場はバージニア州なので、微妙に自宅地域とは天気が違ったりします。でも、やみそうもない雪を窓から見ていたら、帰らないわけにはいかないな、という気になり、1時半にオフィスを出ました。安全運転でゆっくりと、無事に自宅に到着。普段は30分ですが一時間ぐらいかかったかな。

自宅付近は2,3cm積もりましたが、うちの学区にしてはめずらしく休校にもならず、早く終わることもなくいつもどおりでした。ちょっとびっくりしたけど、たいしたことない雪で「2時間早く終わりにします」なんてことになると、子供のお迎えのために仕事を早く切り上げる人も多くなり、道路に塩が撒かれる前に一挙に車が増えるので余計危険だという考え方もあるらしいですね。

去年はもう10年分ぐらい雪が降ったので、今年は容赦してもらえるかと思っていたが、そうもいかないようだな。冬眠したい!
posted by ちょこ at 00:00| Comment(2) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じく。こちらも昨夜少し降って、今朝は起きた頃から降り始めて、あっという間に5センチほど。子供を学校に連れていく前にすでに歩道の雪かきをしたよ。誰も歩いてないときにやるとホワホワですぐ掃けるんだよね。こちらは雪で学校がクローズになるってことはないね〜。狭いところにちょこちょこ住んでるから、学校近いしね。
まもなくアメリカに8年駐在してた大学の同窓生がブリュッセルに移ってくるんだけど、「ベルギー、今年は雪が多いんだって〜?」とウンザリしている様子。あはは。シカゴとかけっこう雪の多いところを回ったみたいなんで、お気の毒。「ソリは捨てずに持ってきた方がいいよ」とアドバイスしてみた。
Posted by Shin's mama at 2010年12月17日 16:45
Shin's mamaさん
アメリカって、マンハッタンとかDCとかボストンの街中を除けば基本的に車社会だから、「雪国」でないところで雪が降ると麻痺しがち。車を出さなくちゃいけないところが結構ストレスになるかな。
年とったらもうちょっと温かいところがいいなあ、と思うけど。
Posted by ちょこ at 2010年12月18日 02:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。