2010年12月17日

今年もクッキー

_DSC0596_cropped.jpg
今年もPTA主催で、先生方にクッキーを!というのがあり、若も強く参加を希望。
一緒に作りました。とはいっても、指示するだけで、若がほとんど自分でやったのです。
中に入れたキャンディーはJolly Rancherです。
クッキーはあらかじめ半分ぐらいは焼いておいて一度取り出し、少し冷めてから(やけどの危険があるので)粉々にしたキャンディーを入れて、さらに3,4分という感じですね。キャンディーを入れたあとは温度を下げるほうが無難です。飴はお砂糖ですから、ちょっと油断すると焦げます。最初からキャンディを入れちゃうとクッキーが焼ける前にキャンディが焦げる可能性が高いです。

作り方はこちらです。粉は日本の薄力粉だと上手くいかないかもしれません。グルテンがちょっと高めがいいのかも。

↓こちらは、失敗したのでご自宅用。
_DSC0599_cropped1.jpg
穴があいちゃったり、クッキーが丸くしぼれなかったり。白っぽいのは、ミツカンのサイダー味のキャンディーです。飴の部分が平らにならなかったんですね。ぼこぼこ。なぜか日本の飴は焦げやすいです。写真ではわかりにくいですが、茶色く色づいています。日本のキャンディーは美味しいけれど、このステンドグラスクッキーに向いているのは未だに見つかっていないんです。味は美味しいので残念。こんど、チェルシーでもやってみようかな。

実際に先生達へのクッキーはこんな風に箱に詰めました。Crate & Barrelでお皿を買ったときに入っていた箱です。白いレースの紙を敷いたりすると油がでてかえって汚らしくなるので、ワックスペーパーです。くしゃくしゃして綺麗じゃないけど、箱に油が染み出るよりはいいかな、と思って。

_DSC0580.jpg

今年はクッキーのレシピも添えて下さい、と言われていたので、英語でタイプして、ついでに写真も入れて印刷、なんてことをしていたら、すぐに30分。ただでさえ、時間ないのに。。
このイベントを担当している人から「クッキーはうちに届けて下さい」と皆にメールがあったのに、きちんと住所を確認しないで届けたら、初めに訪ねたうちの人(若の友達の母親)は「うちでは集めていません」と。。。ありゃあ、恥ずかしい。一度渡したクッキーの箱を取り戻し、家に帰って今度はきちんと住所を確認して届けました。子供達からは「サザエさん化」しているといわれています。
posted by ちょこ at 00:00| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。