2010年11月15日

Shepherd's Pie

DSC_1934.jpg

お友達から、箱に入ったインスタントのマッシュポテトが子供たちの好物なのよね、と言われ「我が家も試してみよう」と作ってみたら、ちょっと塩っ辛いけれどまあ食べられるので「それなら気軽にShepard's pieを作ってみようではないか」という流れになりました。

ひき肉に味をつけて、そのうえにマッシュポテトをのせ、オーブンでさっと焼いて焦げ目をつける。ひき肉には、炒めたたまねぎ、細かく切った人参、グリーンピース、などが入っています。私はトマトの缶詰とソースとコンソメぐらい入れたかも。このお料理の名前の由来は調べりゃいいんですが、調べていないのでわかりません。

ひき肉部分は前の日に用意して、次の日はインスタントのマッシュポテトで簡単にできるはずだったのに「でも、時間あるし、やっぱりちゃんと普通のじゃがいもでマッシュポテトを作ろう」と結局はインスタントは使わず、アイダホポテトをゆでてマッシュポテトを作ってしまいました。まったく、手抜きできると思ってはじめたのに、何やってんだか。でもつぼのわかっている若は「やっぱりホームメードのマッシュポテトは違うよ」というコメントを下さり、まあ報われたといいましょうか。
それから、マッシュポテトをのせたあと、フォークで波の模様をつけてからオーブンに入れたのは、若の指示によります。

↓こちらこそ、手抜きの夕食。スモークサーモン、トマト、フレッシュモッツアレラチーズのパスタ
DSC_1803.jpg
パスタは、半生のだったので、それよりもDeCeccoのスパゲッティーニの方が美味しいですね。殿は「まあ、これはこれで食べられるけど」と高い評価は得られず、若もちょっとご不満のようで。久しぶりにパスタにしてみたんだけど。

このごろ、ついつい作りおきしてさっと食べられるシチューなどがメニューに多いので、若からは「この頃ちゃんとした日本の食事が少ない」とクレームがつきました。おでんとか、はんぺん団子のおつゆとか、きちんと昆布と鰹でだしをとったものを作っているのに、と思い「ちゃんとした日本の食事って?」と聞くと「てんぷらとか、からあげとか、ハンバーグとか」。うちは、殿がおでんは食べないのでおでんが夜のメインになることはないため、それは「ちゃんとした日本の食事」からは除外されるのだそうです。
何と申してよいのやら。日曜日は野球でつぶれることが多かったので、ゆっくりと料理する時間などはなかったので、揚げ物はしてなかったんですよね。若の定義の「ちゃんとした日本の食事」にハンバーグも含まれてます。ハンバーグ、母方の祖母が作ってくれたのを真似て作るんですが、今週はひき肉かってあるので久しぶりにやってみよう。
posted by ちょこ at 00:00| Comment(2) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっはっは。爆笑させてもらいました。やっぱり若君は最高。それだけ評価してくれたらほんとに作り甲斐あるよね。また手抜きできなかったところがちょこさんらしいし。わたしもむかしは箱のものを買ってたけど、結婚してからは自分で作ってるよ。そのほうが美味しい♪やっぱり。
波型をつけるところなんか、もうおかしくておかしくて。ものすごい熱意というか注意力というか。
うちもこの頃和食ものすごく増えてるのよ。子供が欲しがるんで。今年から日本に行くのもどうやら年に1回だけになりそうだし、そうなると余計に食べたがるんだよね。まぁ体にいいし、できるだけやろうかなぁとは思うけど、食材がベルギーではなかなか手に入りにくいんで、ちょっと面倒。ま、でもほんと喜んでくれたらね。ヤル気になるよね。今朝はすごい霧でした。
Posted by Shin's mama at 2010年11月16日 16:47
Shin's mamaさん
きちんと出汁をとって作るとやっぱり何でも美味しい。夫も子供たちもそこのところはきちんとわかるので、まあちょっと手間はかかってもどんどん食べてくれるものを作ろうという気にはなるんだけどね。箱のマッシュポテトは、残りでポテトコロッケ作ったら好評でした。
Posted by ちょこ at 2010年11月17日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。